MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

新潮45が休刊。言論には言論で対抗するべき。

投稿日:2018年9月25日 更新日:


どうも、MOTOYAです。

タイトルにもありますが、新潮45が休刊になる模様です。

新潮社、新潮45の休刊を発表

弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。
 しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
 会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
 これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
 今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

新潮社 2018年9月25日 「「新潮45」休刊のお知らせ」

部数低迷に直面して、編集に無理が生じ、偏見と認識不足に満ちた表現を掲載してしまったと。

そして、その反省として休刊を決断したということです。

部数低迷が端緒のようですが、最近の新潮45は結構売れていたようですけどね。

一発屋じゃダメってことでしょうか。

杉田水脈議員の論文から社長声明まで

部数低迷による編集体制の悪化、といいますが、どう考えても杉田水脈議員の論文が影響していると言わざるを得ないでしょう。

杉田水脈議員の論文とは、いわゆるLGBTは生産性がない、論文です。
これには各方面から多数の反論が寄せられました。

それに対抗する形で、紙面上で再反論が行われました。
これもまた物議を醸しているようですけれども。

そしてついに、異例ですが、新潮45の出版社、新潮社の社長が声明を発表しました。

弊社は出版に携わるものとして、言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してまいりました。
 しかし、今回の「新潮45」の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のある部分に関しては、それらに鑑みても、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。
 差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。
 弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。

新潮社 2018年9月21日 「「新潮45」2018年10月号特別企画について」

この声明が9月21日、休刊の発表が25日。わずか4日後のことです。

新潮45の休刊と社長声明、全く関係がないとは言えないような気がします。
憶測ですけどね。

言論には言論で対抗するべき

そもそも、言論には言論で対抗するのが大原則でしょう。

差別的表現などはよろしくないとは思います。

とはいえ、法律で規制する、となると、かなり慎重にならざるをえません。

何を差別とするかを国家権力が決めることになるからです。

それこそ、例えば、「特攻は犬死だ」と先の大戦を批判したつもりが、
政府から「特攻を犬死と表現するのは、日本民族に対する差別的な表現だ」と認定されたらどうするのでしょうか。

差別的表現は許されないと思いますが、法律など強制力を伴って対応するならばかなり慎重に行う必要があると思います。

現実的には、言論で対抗するのが原則になります。

休刊要求合戦、そして誰も出版できなくなる

そして、今回の新潮45が休刊になるという対応。

もし、新潮社が新潮45の編集部の意見が良くないと思うなら、そういう反論文でも掲載しておけばいいだけの話です。それこそ、社長声明を出したのなら、それで良いと思います。

そして、実際、新潮45に書かれた文章が、正しいのか間違っているのかは読者が決めればいいだけのことです。

それを、休刊という形で、読者から選択の機会を奪ってしまうのはどうなのでしょう。

問題がありそうな表現が掲載された雑誌や書籍を休刊にしてもよい、という先例ができてしまうのは、あとあと出版社にとっても苦しい展開になると思うのですが。

それこそ、政治界隈は右左にわかれて激しく論戦していますから、一方から他方への休刊要求がまかりとおる、なんてことになるかもしれません。

最終的に、何も出版できなくなるような気がします。

それでよいのでしょうか。

-未分類

執筆者:

関連記事

本庶佑・京大特別教授、ノーベル医学生理学賞を受賞。教授の発見は、未来何年にもわたって患者を救い続ける

どうも、MOTOYAです。 普段、あまりテレビを見ないのですが、たまたまテレビをつけてみたら、ちょうどタイトルのニュースをやっていました。 目次1 本庶佑・京大特別教授、ノーベル医学・生理学賞を受賞2 …

言論の自由がない中国。いつも人権が大事といいつつ中国について触れていないならたぶんアレ(憶測)

どうも、MOTOYAです。 僕がこのブログを立ち上げた理由の1つも、言論の自由を守りたいから、です。 意見が違うことを理由にYoutubeのチャンネルを閉鎖させようと通報しまくるなんぞ言語道断です。 …

安倍総理秋葉原演説で「安倍辞めろ」コールが起こって騒然!?現場にいましたが、圧倒的多数は静かに演説を見て、ときどき拍手や声援を送っていましたよ

どうも、MOTOYAです。 昨日の夕方、安倍総理は秋葉原で演説を行いました。 僕も現場にいましたので、レポを書いてみました。 もしよろしければご覧ください。 秋葉原で自民党総裁選演説会。安倍晋三氏が経 …

韓国が旭日旗にイチャモンをつけるも、小野寺五典防衛大臣がキッパリ拒否。朝日新聞の社旗にも文句を言って、どうぞ

どうも、MOTOYAです。 韓国、旭日旗、というキーワードで思わず、あっ(察し)となりましたが、小野寺大臣が毅然と対応してくれるようなので、事なきを得ました。 目次1 韓国、観艦式で旭日旗の掲揚を控え …

DHCテレビもYoutubeからライブ配信を削除される事件が発生。一人でも発信者を増やして冗長化しよう

どうも、MOTOYAです。 まさかのまさかですよ。 先日、真相深入り虎ノ門ニュースを現場で観覧しました。 百田尚樹氏とKAZUYA氏を間近で見られて感激しました。とても有意義な時間でした。 しかし、こ …