MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

トランプ「真珠湾攻撃を忘れない。日本も昔はもっと戦っていただろう。日本も周辺国ともっと戦うべき」

投稿日:2018年8月30日 更新日:

どうも、MOTOYAです。

思わずヘッドラインを見たときは驚きましたが、
いろんな報道機関を見てみると、
少し違った見方ができると思います。

トランプ「真珠湾を忘れない」

 米ワシントン・ポスト紙(電子版)は28日、トランプ米大統領が6月の日米首脳会談で、安倍晋三首相に「私は真珠湾を忘れない」と述べたうえで、対日貿易赤字に強い不満を表明したと報じた。トランプ氏は米国産牛肉や自動車の対日輸出に有利になる二国間協定の交渉に応じるよう安倍氏に迫ったという。トランプ氏の最近の安倍氏への冷めた態度を伝えている。

朝日新聞 2018年8月29日 『「真珠湾を忘れない」 トランプ氏、会談で安倍首相に』

真珠湾攻撃は、
アメリカから見れば、卑怯とはだまし討ち、といったようなネガティブなイメージがある言葉だと思います。

トランプ大統領は、安倍首相との会談で、日本の貿易政策を批判しようという意図でこの発言を行ったとされます。

そこで、日米関係に亀裂が入ったか?!みたいな具合での報道が相次ぎました。

実際のところ、どうなのでしょうか。

トランプ「日本は昔もっと戦っていただろう」

実はこのトランプの真珠湾攻撃を忘れない発言には続きがあるようです。

アメリカのトランプ大統領が、「真珠湾攻撃を忘れていない」と述べて、安倍首相に対し、対日貿易赤字への不満を示していたことがわかった。

6月にアメリカで行われた日米首脳会談で、トランプ大統領は「アメリカが日本の防衛費を負担して、対日貿易赤字も解消されなければ、ダブルパンチになる」と不満を表明した。

そのうえで、「真珠湾攻撃を忘れていない。日本も昔はもっと戦っていただろう。日本も周辺国ともっと戦うべきだ」と述べた。

発言は、「日本が自国の防衛を強化して、アメリカの防衛費の負担を減らすべきだ」と、暗に求めたとみられる。

安倍首相は、「日米貿易は、アメリカにもプラスになっている」などと説明し、理解を求めた。

FNN 2018年8月29日 『トランプ氏「真珠湾」発言 安倍首相に“不満”』

おかしいですね。

先の報道では、トランプ大統領は日本の貿易政策への不満として真珠湾発言をしたとされていました。

しかし、こちらの報道を見ると、
周辺国ともっと戦うべき、
つまりは、もっと防衛費を日本が出してほしいといっているように聞こえます。

貿易政策への批判じゃないような気もします。

また、この文脈で読むならば、別段、真珠湾攻撃を忘れない、という言葉を、ネガティブな言葉として使っているとはとれないのではないでしょうか。

むしろ、昔はもっと強く戦っていたのだから、今だってできるじゃないか、というエールのようにも聞こえます。

(もちろん、外交ですから、100%相手を信用するわけには行きませんがね。)

一部マスコミによるミスリーディング?

少なくとも、これらの情報を突き合わせると、
トランプの真珠湾を忘れない発言は、
必ずしも日本の貿易政策を批判したものとは限らず、
また、
ネガティブな発言だったとも限らない
と思われます。

そう考えると、一部のマスコミが、
これで日米間に亀裂が入ったとか、
安倍外交は失敗だとか、
そういうふうな書き方をするとすると、
ちょっと真実から遠いんじゃないですかね、と思います。

もう少し、公平中立に、事実に則って報道してほしいものです。

-未分類

執筆者:

関連記事

最低賃金の引き上げ、経済的弱者には朗報です

どうも、MOTOYAです。 アベノミクスをはじめとする経済政策に関する議論を見ていると、弱者に恩恵がないだの、金持ちしか良くなってないだの言われますが、そうでもないみたいですよ。 目次1 最低賃金に近 …

安倍総理「20年近くデフレが続いたのはマクロ政策に問題があった。これを変えるのは、総理大臣にならないと無理だなと思ったんです。」

どうも、MOTOYAです。 僕はよく、DHCテレビの真相深入り虎ノ門ニュースを見るのですが、 今回は、なんと、安倍晋三内閣総理大臣がゲストとしてお越しになるということで、 視聴させていただきました。 …

若者が安倍政権を支持し、お年寄りが支持しないという構図

どうも、MOTOYAです。 若者と政治といえばシールズ()です。 懐かしいですね。 若者と政治について、こんな興味深いニュースがありました。 目次1 若者は支持、お年寄りは不支持2 景気回復はアベノミ …

韓国が旭日旗にイチャモンをつけるも、小野寺五典防衛大臣がキッパリ拒否。朝日新聞の社旗にも文句を言って、どうぞ

どうも、MOTOYAです。 韓国、旭日旗、というキーワードで思わず、あっ(察し)となりましたが、小野寺大臣が毅然と対応してくれるようなので、事なきを得ました。 目次1 韓国、観艦式で旭日旗の掲揚を控え …

米国、米軍施政下の沖縄で選挙工作を画策。日本の未来は日本人が決めるために明治維新は行われた

どうも、MOTOYAです。 記事を見たときには、マジかよと思いました。 と同時に、やっぱり鉄と金と紙がないとこうなるんだろうな、とも思いました。 目次1 米軍施政下の沖縄の選挙に米国が介入画策2 自分 …