MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

消費増税予定通りと報道。憲法改正がさらに難しくなった可能性。民のかまどからまだ煙は上がっていない。

投稿日:2018年10月14日 更新日:


どうも、MOTOYAです。

法律上は来年10月に増税すると規定があります。

そして、総理は法律を尊重する必要があります。
なので、現状では、予定通りと言うしかありません。

本心がどうであれ。

総理、消費増税は予定通りと表明へ

安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、増税は不可避だと判断した。15日の臨時閣議で表明し、増税の影響を和らげる対策の検討を指示する。中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどを使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する案などが柱となる。
政府は15日に臨時閣議を開き、2018年度第1次補正予算案を決定する。首相はこの席上、増税を実施する決意を示すとともに、具体的な増税対策について指示する方向だ。増税の最終判断時期を探っていた首相は、自身の経済政策「アベノミクス」の成果でデフレ脱却を実現しつつあり、様々な増税対策を総動員すれば個人消費の落ち込みは抑制できると判断した。

読売新聞 2018年10月14日 「消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ」

参議院をなめてはいけない

来年は政治イベントが目白押しです。

例えば、参院選。

このままいくと、安倍総理と自民党・公明党は、消費増税しますといいながら参院選を戦うことになります。

これで勝てるのでしょうか。

民主党政権時代、時の菅直人総理は消費増税を口走って参院選で敗北しました。
その結果、ねじれ国会となり、民主党は苦しい政権運営を強いられました。

もう少し歴史をさかのぼれば、第一次安倍内閣のとき。
このときも参院選で負け、やはり苦しい政権運営を迫られました。

参議院をなめるとろくなことがありません。

そのために政権が潰れることになりかねません。

憲法改正も困難に

ただでさえ、消費増税という人気のない政策。

さらに、憲法改正まで重なるとなるとどうでしょうか。

マスコミや野党は背水の陣だとばかりに必死に戦うでしょう。
モリカケでも騒ぎ続ければ支持率は下がります。
マスコミの力をあまりなめすぎないほうがいいでしょう。

となると、やはり苦しい選挙戦を強いられる可能性があります。

参院選で3分の2を失ったら憲法改正の発議すらできなくなりますし。

新帝即位しながら増税するなんて仁徳天皇はどう思われるか

さらに、来年は新帝が誕生します。
上皇も誕生しますが。

ということは、増税しながら新帝が即位するわけです。

仁徳天皇がこの様を見たらどう思われるでしょうか。

民のかまどの煙が自分のところまで高く上っていないのに…。

平成は戦争がないからよかった!?

Twitterで、平成は災害があったり、バブル崩壊後に貧乏になったり大変だったけど、戦争がなかったからよかった、みたいなつぶやきを見ました。

ぶっちゃけると、怒りしか湧いてこないですね。

それ、ブラック企業に殺された労働者の前で言えるんですかね。

弾で人が死ぬのは許しがたいが、カネで人が死ぬのは戦死よりはマシとでも言うんですかね?

本人の名誉のため、ツイートはここでは載せません。

でも、はっきりいって、頭がおかしいです。

-未分類

執筆者:

関連記事

野党系議員秘書が自民党総裁選に介入、自民党を分断する狙いか?もし安倍総理が野党の党首選で同じことをしたら大騒ぎするだろうが…

どうも、MOTOYAです。 ちょっと驚くニュースを見かけたので、 さっそく筆をとりました。 目次1 野党系議員秘書「石破氏よろしく」2 渡辺康平市議「前代未聞。あってはならない。自民党を分断する狙い」 …

自衛隊の迷彩服は不安?共産党の要求でイベントが中止に

どうも、MOTOYAです。 先月のはじめ、西日本で豪雨による災害が発生しました。 気象庁は平成30年7月豪雨と命名するなど、規模の大きさが伺えます。 また、ちょうどこのとき、僕は地元の愛媛に帰省してい …

朝日新聞、慰安婦関連記事の英語版訂正記事に検索避けを設定

どうも、MOTOYAです。 Google八分ってご存知でしょうか。 簡単に言えば、Googleの検索結果から閉め出されることです。 Googleの検索に引っかからないということは、 インターネットの世 …

宮内庁と堺市が仁徳天皇陵を共同発掘。御陵は天皇が国民の幸せを祈る場でもある

どうも、MOTOYAです。 仁徳天皇陵を共同発掘する、というニュースを聞いたときは、大丈夫なんだろうか、と一抹の不安を覚えたものです。 その仁徳天皇陵、というよりも、陵墓について、ちょっとみなさんで共 …

KAZUYA氏、今度はTwitterアカウントが凍結される

どうも、MOTOYAです。 最近はアカウントをBANするのが流行っているのでしょうか。 目次1 KAZUYA氏のTwitterアカウントが凍結2 自分の動画で著作権侵害?3 一人でも多くが情報を発信し …