MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

言論の自由がない中国。いつも人権が大事といいつつ中国について触れていないならたぶんアレ(憶測)

投稿日:2018年8月18日 更新日:

どうも、MOTOYAです。

僕がこのブログを立ち上げた理由の1つも、言論の自由を守りたいから、です。

意見が違うことを理由にYoutubeのチャンネルを閉鎖させようと通報しまくるなんぞ言語道断です。

とはいえ、こうしたことを国家ぐるみでやるところがあります。

Youtubeのチャンネルを潰すどころか、人命すら潰しかねない所業を平気で行う国。

中華人民共和国、中国です。

「安倍首相は僕の父」とつぶやいたら逮捕

中国版ツイッター「微博」に「安倍(晋三)首相は僕の親愛なる父」などと書き込んだ中国人の男性(18)が16日、虚偽情報で社会に悪影響を与えたとして、中国・安徽省の警察に騒動挑発容疑で拘束された。警察が17日、発表した。

 男性は「間違った国に生まれてしまった。悲惨な未来しかない」、「来世は日本か台湾に生まれたい」といった書き込みをたびたびしていた。中国の習近平(シーチンピン)指導部は昨年、インターネット安全法を制定するなどネット空間への監視を強めており、今回、当局が厳しい対応をとったとみられる。

朝日新聞 2018年8月17日 『「安倍首相は僕の父」 中国当局、投稿した男性を拘束』

なんかいろいろ突っ込みどころがあって興味深いですね。

安倍総理は僕の父というつぶやきは虚偽情報で社会に悪影響を与えた…ですか。
まぁ実際虚偽といえば虚偽でしょう。

でもそれでなんで逮捕されるのかよくわかりませんね。

さすが中国です。

労働者の待遇改善をつぶやいた女性も逮捕

中国で人権活動家に対する抑圧が強まっている。労働者の待遇改善などを訴えていた女性が何者かに拉致され、行方不明になっていることがわかった。

行方不明になっているのは、大学院を卒業した後、労働者の支援活動をしていた瀋夢雨さん(26)。瀋さんは、先月27日に、「深セン(「土」へんに「川」)の会社で労働組合の設立などを求めた労働者らが警察に拘束されたのは不当だ」と主張し、自ら街頭に立って釈放を訴えていた。

支援者らによると、瀋さんは11日の夜、両親と食事をした直後、3人の男に車に押し込まれ、連れ去られたという。瀋さんは、連れ去られる前に「何らかの勢力が背景で手を引いている。私に連絡がつかなくなったら、その勢力の仕業だ」というメッセージを残していた。

日テレNEWS24 2018年8月13日 『労働者の待遇改善訴えた女性、拉致され不明』

女性であっても容赦はしない。

怖いですね、中国共産党。

いつも人権を絶叫している人はなにをしているの?

そういえば普段、人権を守ろうと絶叫している人たちがいますよね。

例えば、安倍総理の施策、特定秘密保護法とか安全保障関連法とかに対して、
これで日本は戦争になる!人権がー!と大騒ぎしていた人、いますよね。

中国については何も言わないのでしょうか。

安倍総理を批判するな、と言っているわけではありません。

安倍総理とて人の子です。間違えることはありえます。
そこはドンドン批判するべきです。

ただ、人権について安倍総理を100叩いている人が、
中国の人権問題を全く叩いていないとしたら、
ちょっと感覚を疑ってしまいますね。

一体どういう基準でそういう姿勢なのかと。

人権とは、文字通り、人であれば当然認められる権利のことです。

日本国民だろうがアメリカ国民だろうが中国国民だろうが関係ありません。

まぁ、中国国民が人ではない、という理屈を立てるなら話は別ですけど。

それはないですよね。

中国国民だって人なんですから、人権は保護されるべきです。

日本はいい国ですね

日本は言論の自由を保障されています。

さすがに「安倍首相は僕の父」とまで言い出したらイロモノ扱いは必至でしょうが。

とはいえ、それを理由に逮捕されるとか殺されるとか、そういうことにはなりませんからね。

考え方が違うからと言って人を殺さない。

そういう当たり前のことが、ずっと昔から当たり前であり続けているわけです。

日本はいい国ですね。

この言論の自由は守っていきたいものです。

-未分類

執筆者:

関連記事

韓国、自分で言い出したルールすら守らずに観艦式を行う。日韓合意も守る気がない。約束を守れない国とはお取引できかねますね

どうも、MOTOYAです。 またあの国がやってくれました。 目次1 韓国、観艦式で秀吉と戦った将軍の旗を掲げる2 あれ?国旗以外は掲げないでくれと言ってたような?3 我が国は参加しなくてよかった 韓国 …

サマータイム導入を検討。そもそもサマータイムって何?

どうも、MOTOYAです。 暦の上では立秋をすでに迎えていますが、暑い日が続いています。 2年後に東京五輪を控えていますが、そのときも猛暑が予想されています。 そのため、政府はいろいろと対策を考えてい …

残業代未払い急増?もらうべきものは請求したほうがいいですよ

どうも、MOTOYAです。 あまりやりたくないのが残業ですが、状況によっては仕方ありません。 とはいえ、残業した以上はきっちり残業代をいただきたいものです。 そんな中、こんなニュースが目にとまりました …

日本学生支援機構、保証人にも全額請求。教育は最高の投資。財源は経済成長で。

どうも、MOTOYAです。 奨学金、という名の教育ローンについてです。 ローンという名のとおり、返済義務があります。 万が一、債務不履行になった場合、保証人に請求がいきます。 (保証会社に保証してもら …

伊藤昌哉「池田勇人とその時代」を読んで

どうも、MOTOYAです。 今回はタイトルにもありますように、伊藤昌哉の「池田勇人とその時代」の書評です。 といいつつ、感想文です。毎度ながらこうなりますね…。 池田勇人は元内閣総理大臣、伊藤昌哉は池 …