MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

韓国、自分で言い出したルールすら守らずに観艦式を行う。日韓合意も守る気がない。約束を守れない国とはお取引できかねますね

投稿日:2018年10月12日 更新日:


どうも、MOTOYAです。

またあの国がやってくれました。

韓国、観艦式で秀吉と戦った将軍の旗を掲げる

韓国は、11日行った国際観艦式で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が演説をした駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗を掲げました。今回の観艦式には、海上自衛隊も艦船を派遣する予定でしたが、韓国が「旭日旗」と呼ばれる旗を掲げるのは認められないと伝えてきたため、派遣を見送った経緯があります。
国際観艦式は11日、韓国南部のチェジュ(済州)島の沖合で行われ、韓国軍の艦船をはじめ、アメリカ軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」など、11か国の合わせて39隻が参加しました。

ムン・ジェイン大統領は、韓国軍の駆逐艦の甲板で、豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に水軍を率いて戦ったイ・スンシン将軍に言及した演説をしましたが、駆逐艦には当時、イ・スンシン(李舜臣)将軍が使ったものと同じデザインだという旗が掲げられました。

この旗について韓国大統領府は「未来の海洋強国への意志を表明したもの」と説明しています。

NHK 2018年10月11日 「韓国 観艦式 秀吉と戦った将軍象徴の旗掲揚 当初説明と矛盾も」

あれ?国旗以外は掲げないでくれと言ってたような?

おかしいですね。

先日、自衛隊の旭日旗が気に入らないから、自粛してほしいと言ってましたよね。

その件については以下で記事にしていますので、詳しく知りたい方はどうぞ。

韓国が旭日旗にイチャモンをつけるも、小野寺五典防衛大臣がキッパリ拒否。朝日新聞の社旗にも文句を言って、どうぞ

そのときの言い分としては、自国の国旗と韓国の国旗だけを掲げてほしい、でした。

そらそうでしょう。

旭日旗は嫌だなんて真っ正面から言っても、通らないわけですし。

彼らなりには考えた戦略だったのかもしれませんが、策士策に溺れる形となりました。

我が国は参加しなくてよかった

文在寅大統領は、観艦式の演説で、秀吉と戦ったイ・スンシン将軍について言及したうえで、将軍が使っていた旗を掲げました。

自分の言ってたことと矛盾しまくってますが、大丈夫でしょうか。

また、大統領はこの旗について、「未来の海洋強国への意志を表明したもの」と語っています。

真面目な話をすれば、韓国が強化するべきは、海軍ではなく陸軍でしょう。

いうまでもなく、北朝鮮があるからです。

もし韓国の安全保障が危うくなるとすれば、北朝鮮が南進してくるパターンが1番ありうる話です。

海軍を強化する意味はあるのでしょうか。

いずれにしても、日韓合意も履行しない、自分が言い出したルールすら守れない。

こんな国とは関わらない方がいいですよね。

結論的には観艦式に自衛隊が参加しなくてよかったなぁと思います。

-未分類

執筆者:

関連記事

創価学会・公明党が支えるアベ政権。安倍一強の実態とは

どうも、MOTOYAです。 よくよく考えると、平成30年もあと3ヶ月と半月ないんですよね。 来年は、あとでも述べますが、イベントが満載です。 ただ、楽しいことになるかどうかは、わかりません。 政治では …

いわゆる「右」のイメージがある安倍晋三氏が金融政策に出会う。安倍氏曰く、結果が当たるかどうかを見よ、と。

どうも、MOTOYAです。 今日は、気になる論説を見かけました。 高橋洋一氏の「人目につかない自民党の小部屋に呼ばれ… 経済政策を議論してわかった「安倍首相は『健全な政治家』」」です。 zakzakに …

野党、来年の参院選での共闘を確認。野合は勘弁だが、共闘すると安倍政権も決してのんきにはいられない。陛下の野党が必要だ

どうも、MOTOYAです。 来年はいろんな政治イベントが目白押しです。 その1つが参院選。 なんだかんだいっても、選挙で勝てなければ主張を政策に反映させることはできません。 その参院選を巡って、野党党 …

立憲民主党青山雅幸議員、セクハラ告発を受け離党届。これが自民党だったら大騒ぎするんだろうなぁ

どうも、MOTOYAです。 政治家の不祥事って、よくありますよね、悲しいですけど。 とはいえ、与野党で扱いが違うような気がするんですよね。 例えば今回は野党、立憲民主党の青山雅幸議員がセクハラ告発を受 …

軽減税率で政府と出版団体が対立?そもそも消費増税しなきゃいいじゃない

どうも、MOTOYAです。 来年10月に消費税が10%になるのかどうかでヒヤヒヤしている僕です。 そんな中、消費増税に伴う負担を少しでも和らげようと 軽減税率の議論がなされているようです。 目次1 有 …