MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

KAZUYAさんが虎ノ門ニュースに出演するということで、またしても番組観覧に行ってみた

投稿日:2018年10月30日 更新日:


どうも、MOTOYAです。

またしても、KAZUYAさんが虎ノ門ニュースに出演するということで、行ってまいりました。

今回はそのレポートです。

どうぞ!

DHCテレビへ


やってまいりました。
DHCテレビです。

放送開始30分前ぐらいに行きました。

その時点では先客は1名でした。


スタジオは準備中。

ホワイトボードには25本のニュースタイトルがびっしり並んでいました。

25本目はもう入り切らず、ホワイトボードの右端の隙間に縦方向に無理矢理入れる始末。

しかもそれが、今日のコメンテーター、作家の百田尚樹さんの新著に関するニュース。

あとで百田さんに突っ込まれていました。

また、机に置いてあるネームプレートですが、放送中に落ちないように、机にテープで貼り付けていました。

スタジオも机も狭いので、こうならざるを得ないのでしょう。

狭いながらも創意工夫で番組を作るスタッフのみなさんはすごいですね。

折島一平さん


折島一平さんが話はじめました。

どのカメラに向かって話ししているのかな〜と思ったら、天井?から降りている、少し小型のカメラに向かってしゃべっていました。

一体、いくつカメラがあるんでしょうか。

一応、メインっぽいカメラが3台、折島さんが話すカメラが1台、外のDHCテレビの看板に1台(DHCテレビにやってきた、の画像をご覧ください。よく見ると付いています)。

僕が確認できるのはこの5台です。

百田尚樹さん、登場


百田尚樹さん、ご登場です。

写真から分かるように、結構ギャラリーが集まっています。

この時点でざっくり数えて20人ぐらいでした。

スタジオがあの大きさなので、観覧席も広くないので、歩道に溢れてしまいます。

ディレクター?さんが「歩道を通る方の邪魔にならないようにお願いします〜」と注意喚起をするぐらいです。

KAZUYAさん、登場


KAZUYAさん、ご登場です。

若干緊張しているのでしょうか。

笑顔を作ろうとしているようで、でもぎこちないようにも感じます。

Youtubeの動画を作るのと、生放送に出るのでは、雰囲気とか違うんでしょうね。

百田尚樹さん、KAZUYAさん、折島一平さん、スタジオで一堂に会す


百田さん、KAZUYAさん、スタジオ入りです。

今更ながら、みなさんいい笑顔ですよねw

よく撮れたなぁと思ってしまいました。

真相深入り虎ノ門ニュース、はじまる


タイトルコールです。

KAZUYAさんはよくみると指差し確認になっていますねw

真相深入り虎ノ門ニュース、よし!w

「日本国紀」25万部 発売日早まる11月12日


まずはじめのニュースは、百田さんの新著、「日本国紀」に関するニュースです。

これはたぶん朝日新聞だと思いますが、デカデカと新著の広告が掲載されています。

しかも百田さんのお写真もばっちり載った状態です。

これはなかなかおもしろい構図ですよねw

ちなみに、産経新聞には広告が載ってないそうです。

百田さんいわく、産経の読者は広告を載せなくても買うだろうとのこと。

たぶん、これだけ大きい広告、しかも3面(だと思います)にあるとなると、広告費はそれなりに大きいんじゃないかと思ってしまいます。

出版社の気合も大きいのでしょう。

実際、百田さんによると、ちょうど新著の出版日が出版社の創立記念日だそうで。

本来の出版予定日を何日か早めて、記念日と重ねたぐらいらしいです。

期待されていますね。

ちなみに、百田さんが「予約した人、挙手!」と求めたとき、僕は予約していないので、手を上げませんでした。

そうしたら、「予約してない人は帰れ!」といい出して、内心ドキドキでした。

申し訳ないです…w

渋谷のハロウィーン 5人逮捕


渋谷のハロウィーンで逮捕者が出ているというニュースについてです。

KAZUYAさんも指摘していますが、クリスマスといい、ハロウィーンといい、完全に日本化していますよね。

本来の意味からはだいぶ離れて、単純に楽しむ、みたいな。

そこが日本人のいいところなのかもしれませんね。

百田氏「立憲民主党と福山はクソ」


折島さんも大変ですよね、原稿を読み上げるだけとはいえ…w

まぁそれをク○というかは別として、まともな野党はほしいですねぇ。

CM中とサイン会


CMに入りました。
いつものようにサイン会です。

やっぱりものすごい行列ができています。

やはり百田さん目当てで来ている人が多いんじゃないですかね。

火曜特集


CMあけまして、火曜特集です。

まず、KAZUYAさんに質問をぶつけるコーナーです。

5つほど、予め質問が用意されていたようで、それにKAZUYAさんが答えます。

例えば、政治家になりたいか?という質問。

KAZUYAさんはなりたくないそうです。

なぜなら、自由にものが言えなくなるし、向いてないと思うからだそうです。

たしかに、政治家になれば、法律をつくったり、場合によっては政府に入って政策を行うことができるかもしれません。

とはいえ、現実的な政治情勢によっては、自分の意見を言えない、ということもあるでしょう。

例えば、本心では、憲法改正をしたいとしても、それを言うと野党が騒ぎまくって国会審議がストップする、なんてこともあるかもしれません。

KAZUYAさんは、Youtubeで自分の思うところを発信する仕事をしています。

要は、Youtuberですね。

今の所、個人でやっているので、自分の思ったことはそのまま言うことができます。

でも、政治家になって、例えば、特定の政党に所属してしまうと、政党の意見を代弁する必要も出てくるわけです。

そうなってしまえば、自分の言ってきたことと矛盾が出てしまったりするかもしれません。

難しい問題です。

また、朝日新聞を購読しているか?はYESでした。

これは単純に、敵の考え方を知りたい、ということです。

百田さんも、敵を知り己を知れば百戦殆うからず、と応じていました。

もっともだと思います。

続いて、YoutuberのKAZUYAさんを交えながら、保守とリベラルのYoutubeチャンネルやWebサイトを考えるコーナーがありました。

ちょうど画像は保守系とされるYoutubeチャンネルのランキングです。

KAZUYA CHANNELはぶっちぎりのトップですね。

次がなんとDHCテレビ。手前味噌ですねw

気になったのが、5位のチャンネルくらら。実は僕もよく見ています。非常に質が高いので、勉強になりますよ。


一方でこちらはリベラル系の動画チャンネルのランキングです。

ぶっちゃけ全然知りませんw

ただ、チャンネル登録者数が結構少ないのが気になります。

KAZUYAさんによると、7年前であれば、チャンネル登録者1万人を超えていると、かなりすごい、という扱いだったそうです。

じゃあ今は?wということになりますよね。

そりゃ、この目の前にいる男は、チャンネル登録者54万人ですからね。

下手すりゃ、1つの都市みたいな感じです。

KAZUYAさんもおっしゃっていましたが、たぶん、リベラル側だと、ネットを見るほどなら地上波を見るんじゃないか、とのことです。

たしかに、わざわざYoutubeでゲリラ活動をする必要はないですよね。

彼らは地上波マスコミという正規軍を持っているわけですから。

とはいえ、いつまで持つかわからないですけども。

百田さんがおっしゃっていましたが、ネットのいいところは、自浄作用があるところだと言います。

インターネットの場合、Aという意見を言ったとしても、それは違うとか、Bのほうがいいだとか、その場でフィードバックがあります。

その過程で、微妙な意見は淘汰されるわけですね。

ところが、オールドメディア(地上波、新聞など)の場合、ある意見が放送されたとして、仮にそれが間違っていたとしても、どうしようもありません。

反論するとしても、テレビに出演できる人なんて限られます。

結局、流したもん勝ち、みたいな感じで、間違った意見の検証も訂正もありません。

これでは、自浄作用も何もありません。

こういうことを続けていくと、メディア全体としても発展がないと思うんですよね。

実際、例えば、安田純平氏拘束事件がありました。

一部マスコミは、安田氏を英雄扱いするところがあるそうです。

しかし、例えば、そもそも何年も狭いところに閉じ込められていたなら、無事では済まないのでは?エコノミークラス症候群みたいな症状がでたりしないのか?とか。

拘束されていたはずなのに、日記があるのはなぜ?とか。

安田氏については結構ツッコミどころがあるようです。

インターネット上では、そのようなツッコミが溢れますが、マスコミは指摘しません。

むしろ、インターネット上でのツッコミをバッシングだと非難しているぐらいだそうです。

そんなことを続けていたら、テレビの信用はますますなくなると思うのですが…。

番組終了後のサイン会(と個人的な写真撮影会)


番組が終わりまして、恒例のサイン会です。

実はこの後、KAZUYAさんにお願いして一緒に写真を撮らせていただきました。

番組スタッフの方が写真撮影をしてくれました。

もしこの記事をKAZUYAさんがご覧になっていたらですが、快諾いただきありがとうございました。

めっちゃうれしかったですw

-未分類

執筆者:

関連記事

若者が安倍政権を支持し、お年寄りが支持しないという構図

どうも、MOTOYAです。 若者と政治といえばシールズ()です。 懐かしいですね。 若者と政治について、こんな興味深いニュースがありました。 目次1 若者は支持、お年寄りは不支持2 景気回復はアベノミ …

KAZUYA氏、今度はTwitterアカウントが凍結される

どうも、MOTOYAです。 最近はアカウントをBANするのが流行っているのでしょうか。 目次1 KAZUYA氏のTwitterアカウントが凍結2 自分の動画で著作権侵害?3 一人でも多くが情報を発信し …

石破茂氏、自民党総裁選に出馬。安倍以外なら本当に誰でもよい?

どうも、MOTOYAです。 1955年以降、一部の例外を除き、自由民主党が衆議院の第一党を占めてきました。 ということは、自民党のリーダーになるということは、日本のリーダー、内閣総理大臣になるというこ …

インド最高裁、同性の性行為は合法と判決を下す

どうも、MOTOYAです。 今回はインドの最高裁が下した、とある判決についてです。 目次1 インド最高裁、同性の性行為は合法と判決2 そもそも違法だったことに驚き インド最高裁、同性の性行為は合法と判 …

KAZUYA氏が真相深入り虎ノ門ニュースに出演ということで、スタジオ観覧に行ってみた

どうも、MOTOYAです。 今日はDHCテレビジョンの観覧に行ってきました。 そう、あの番組です。 真相深入り、虎ノ門ニュースです。 目次1 僕のブログはKAZUYA CHANNELの垢バンによって生 …

簡易プロフィール

どうも、MOTOYAです。

政治・経済などのニュースに関する記事をほぼ毎日投稿しています。

よろしくおねがいします。