MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

枝野氏、最長演説をするも決議案は否決。選挙で勝てないのだから残当。

投稿日:2018年7月21日 更新日:

どうも、MOTOYAです。

内閣不信任決議案ってそんなにポンポン出すものじゃないと思うのですが、つい先日も提出されたそうです。

枝野氏、大演説をするも決議案は否決

昨日の7月20日(金)、内閣不信任決議案の趣旨説明を、立憲民主党の枝野幸男代表が行ったようです。
内閣不信任決議案は憲法で定められた手続きの1つで、可決されると、内閣は解散総選挙か総辞職をする必要があります。

つまり、内閣不信任決議案というのは、内閣が吹き飛ぶ威力があります。それぐらい重い手続きのはずです。

当然その提出にあたっては、いろんな思いを抱えて行われることでしょう。今回もそうだったようで。

なんと枝野氏は2時間43分にわたって大演説を敢行した模様です。

2時間43分ですよ!

おそらくずっと立ったままなのでしょうが、さぞ大変でしょう。
1時間ずっと立っておくだけでもきついのに。

まぁその努力虚しく、内閣不信任決議案は否決されてしまうのですが。

決議案が可決される見込みはない

そもそも、内閣不信任決議案が可決される見込みはありません。

内閣不信任決議案が可決されるためには、出席議員の過半数の賛成が必要です。

衆議院の総議員は465人(執筆時点)です。
仮に全員が本会議に出席したとして、過半数は233人です。

つまり、内閣不信任決議案が可決されるためには、233人以上の賛成が必要になります。

ところで、与党として自民党と公明党の議席を除くと、153です。

つまり、与党以外が束になってかかったとしても、過半数には届きません。

ということは、与党議員のなかから裏切りがでたりしないかぎり、可決されることはありません。

言い方は悪いですが、意味のない議案です。

確かに、IR整備法案、俗にカジノ法案などと呼ばれておりますが、こうした政府提出の法案の成立を阻止したいという狙いがあるのかもしれません。

とはいえ、時間をかせぐことはできても、成立を阻止することがかなり難しいです。

結局成立したわけですしね。

選挙で勝てないのが悪い

じゃあそもそもなんで阻止できないのか。

選挙で勝てないからでしょう。

野党は選挙で負け続けています。

選挙で負けるから、議席が少ない。
議席が少ないから、政府が提出する法案を潰せない。
内閣不信任決議案を出しても、可決できるだけの議席がない。

つまるところ、選挙で勝てないことがすべての原因なわけです。

裏を返せば、選挙でちゃんと勝てればいいわけです。

じゃあ、勝てるような行動や努力をしているのかというと……。

今後に期待したいです(震え声)。

-未分類

執筆者:

関連記事

国民民主党の玉木雄一郎氏、高齢者向け労働法制をめぐるつぶやきで炎上

どうも、MOTOYAです。 影が薄い野党ですが、 そのうちの一つ、国民民主党においては代表選挙が行われています。 その候補者の一人、玉木雄一郎氏がTwitterで炎上しています。 せっかくYoutub …

大阪・豊中の商店街が日の丸を一斉掲揚。案の定、一部のアレが騒ぎ立てる。それって話題のヘイトスピーチなのでは?

どうも、MOTOYAです。 最近国の旗に関するニュースが多いですね。 例えば、韓国が自衛隊に対して旭日旗を自粛しろと言って、防衛大臣が拒否するというニュースもありました。 結局、自衛隊は観艦式をボイコ …

野党系議員秘書が自民党総裁選に介入、自民党を分断する狙いか?もし安倍総理が野党の党首選で同じことをしたら大騒ぎするだろうが…

どうも、MOTOYAです。 ちょっと驚くニュースを見かけたので、 さっそく筆をとりました。 目次1 野党系議員秘書「石破氏よろしく」2 渡辺康平市議「前代未聞。あってはならない。自民党を分断する狙い」 …

自民党総裁選に忍び寄る、増税派の影。

どうも、MOTOYAです。 2018年9月には、与党自民党で総裁選があります。 自民党のリーダーを選ぶ選挙でもあると同時に、日本の総理大臣を選ぶ選挙でもあります。 もちろん、現在総理大臣であり、自民党 …

いわゆる「右」のイメージがある安倍晋三氏が金融政策に出会う。安倍氏曰く、結果が当たるかどうかを見よ、と。

どうも、MOTOYAです。 今日は、気になる論説を見かけました。 高橋洋一氏の「人目につかない自民党の小部屋に呼ばれ… 経済政策を議論してわかった「安倍首相は『健全な政治家』」」です。 zakzakに …