MOTOYA CHANNEL

政治系ブロガーです。政治・経済・歴史・文化などのニュースについて、ほぼ毎日記事を投稿しています。

未分類

安倍総理秋葉原演説で「安倍辞めろ」コールが起こって騒然!?現場にいましたが、圧倒的多数は静かに演説を見て、ときどき拍手や声援を送っていましたよ

投稿日:2018年9月20日 更新日:


どうも、MOTOYAです。

昨日の夕方、安倍総理は秋葉原で演説を行いました。

僕も現場にいましたので、レポを書いてみました。
もしよろしければご覧ください。

秋葉原で自民党総裁選演説会。安倍晋三氏が経済の好転を訴えると声援拍手多数。やはりアベノミクスが安倍政権のエンジンである

さて、一夜あけまして、演説会の模様を記事に書いているマスコミもいるようです。

そのなかで、ちょっと気になる、というより、それは違うだろう!という記事を見つけました。

現場にいたものとして、反論記事を書きたいと思います。

きっかけのツイート

時事通信社には失望しました、という一文からはじまるつぶやき。

また何かやらかしたのかと記事のタイトルを見てびっくり。

安倍総理秋葉原演説で「安倍辞めろ」コールが起こり、騒然としたというのです。

圧倒的多数の人々は静か、ときどき拍手声援。騒ぐのは一部

一応、僕も現場にいたので、僕が見た様子をお伝えします。

結論から言えば、「安倍辞めろ」などと騒いでいたのは、一部です。

野鳥の会じゃないので、正確な人数はわかりませんが、
学校の1クラスあるかどうか。

明らかに反安倍なんだろうなぁと分かる人はそんなものです。

それ以外の大勢の人は、静かに演説を眺めて、時々拍手をしたり、声援を送ったり。

そんな感じです。

なので、反安倍で騒いでいたのはあくまで一部だということです。
しかも学校1クラス分あるかどうか。

少なくとも僕が見る限りではこんな感じです。

「アベ辞めろ」コールで現場は騒然!?

記事本文を見てみましょう。

安倍晋三首相が19日に東京・秋葉原で行った自民党総裁選を締めくくる街頭演説の際、聴衆の一部から「安倍辞めろ」コールが沸き起こり、会場が騒然とした雰囲気になった。

 陣営は会場のJR秋葉原駅前ロータリー周辺を柵で囲い、内側には参加許可を示すシールを貼った党員だけが入れるようにした。それでも柵の外側に集まった聴衆は首相の演説中、「辞めろ」を連呼し続けた。

時事ドットコム 2018年9月19日 「「安倍辞めろ」コールで騒然=秋葉原の首相演説会場-自民総裁選」

僕なりの視点で、記事を検証します。

第一段落:安倍辞めろコールが沸き起こり会場が騒然とした

まず、第一段落。

「聴衆の一部から「安倍辞めろ」コールが沸き起こり、会場が騒然とした雰囲気になった。」とあります。

聴衆の一部が騒いでいたのは事実です。

しかし、「会場が騒然とした雰囲気になった」とまでは言えません。

1クラスあるかどうかの人が騒いでいましたが、
圧倒的な多数は基本的に静かに演説を聞いていました。

節々で拍手を送る人、「そうだー!」という声援を送る人もいました。

演説中はこんな具合で、演説が終われば、すんなり散っていきました。

演説会を通して、全体的な秩序は保たれており、騒然とした雰囲気にはなっていたとは言えません。

であるにもかかわらず、あたかも、安倍辞めろコールで会場が大騒ぎになったみたいな書き方は、事実誤認です。

または、安倍は支持されていない、市民に反感を持たれている、というような印象操作を狙っているのではないかと思われても仕方ないと思います。

第二段落:柵の外に集まった聴衆は「辞めろ」を連呼し続けた

次に第二段落。

「陣営は会場のJR秋葉原駅前ロータリー周辺を柵で囲い、内側には参加許可を示すシールを貼った党員だけが入れるようにした。それでも柵の外側に集まった聴衆は首相の演説中、「辞めろ」を連呼し続けた。」とあります。

柵の内側には党員しか入れないようにした、というのはよくわからないのでおいておきます。

たしかに、いろいろな柵が設けられていたのは事実です。

現職の総理大臣や財務大臣が来ますから、警備上仕方ないものです。
警察官やSPと思わしき人もいっぱいいましたからね。

ところで、「柵の外側に集まった聴衆は首相の演説中、「辞めろ」を連呼し続けた」とあります。

先ほどからも申し上げているとおり、「安倍辞めろ」コールをしているのは一部。
圧倒的多数の人々は、基本的に静かに演説を聞いていました。

記事の文章を読むと、柵の外にいた人々がみんなで「辞めろ」とコールし続けたみたいな印象操作になりかねません。

柵の中=党員・安倍信者
vs
柵の外=市民

みたいな構図に見ているのかもしれませんが、
実態は

静かに演説を見守る圧倒的多数

安倍辞めろと騒ぐ一部(学校1クラス分?)

です。

形式的に、柵の外にいた(一部の)人が、辞めろを連呼し続けた、と読むこともできなくはないです。

しかし、事情をよく知らない人が読めば、柵の外にいた大勢の人が辞めろを連呼した、というようにも取られかねません。

事実を誤認させるような記事はいかがなものでしょうか。

時事通信社さん、事実に反する記事はダメでしょう

長々と書きましたが、
要は、反安倍で騒いでいたのは一部で、圧倒的な多数は静かに演説を見守っていましたよ、ということです。

それなのに、安倍辞めろコールで現場は騒然として混乱した、みたいな書き方をするのは、事実に反します。

全体を見て、演説会は大きな混乱もなく終了しました。

演説中、拍手や声援を送っている人も多くいました。

とくに、経済政策の成果を語るところや、自衛隊の人々が誇りを持って職務を遂行できるようにしようと訴えるシーン。

あのあたりの拍手と声援はかなり大きかったように思います。

いずれにしても、時事通信社さんの記事は事実に反します。

事実に基づいた報道をするようにお願いしたいものです。

反安倍な記事が出るたびに、かなり割り引いて見ることになってしまった

こうしたことばかりされると、政府や安倍総理を批判する記事が出るたびに、割り引いてみるようになってしまいます。

どうせまた事実と異なる記事なんじゃないの?
印象操作をしたいんじゃないの?
9割ぐらいウソが入っているかもしれない。

そう思いながら読むことになります。

マスコミのためにもならないので、
政府批判をしたいなら、せめて事実を捻じ曲げないようにしていただきたいものです。

実のところ、僕が演説会を見に行った理由の1つはそれです。

マスコミがどう捻じ曲げてくるのか、検証したいと。

そしたら案の定、これですから、驚きました。

一般人にも公開される演説会なんですから、あまりにも変な書き方をすればすぐバレてしまいます。

せめて事実は事実として書いて、その上で論評するようにしましょう。

-未分類

執筆者:

関連記事

トイレに行きたいといえば無罪?

どうも、MOTOYAです。 裁判の判決って、パッと見たところ「ん?」と思うこともあるのですが、 よくよく読んでみると、実はよく考えられているなぁとか、納得せざるを得ない場合もあります。 今回はこんな事 …

倉山満「国民が知らない上皇の日本史」書評(という名の感想)

どうも、MOTOYAです。 今回はタイトルにもありますように、倉山満先生の「国民が知らない上皇の日本史」の書評です。 こちらになります。 書評というと恐れ多いですね、実際としては感想ぐらいなものになり …

言論の自由がない中国。いつも人権が大事といいつつ中国について触れていないならたぶんアレ(憶測)

どうも、MOTOYAです。 僕がこのブログを立ち上げた理由の1つも、言論の自由を守りたいから、です。 意見が違うことを理由にYoutubeのチャンネルを閉鎖させようと通報しまくるなんぞ言語道断です。 …

野党系議員秘書が自民党総裁選に介入、自民党を分断する狙いか?もし安倍総理が野党の党首選で同じことをしたら大騒ぎするだろうが…

どうも、MOTOYAです。 ちょっと驚くニュースを見かけたので、 さっそく筆をとりました。 目次1 野党系議員秘書「石破氏よろしく」2 渡辺康平市議「前代未聞。あってはならない。自民党を分断する狙い」 …

有給チャンス!?クイズと化した有給

どうも、MOTOYAです。 今は8月の下旬に入りました。 学生のみなさんはまだまだ夏休み真っ最中でしょうか。 いつもは仕事に勉学に励みつつ、 休みはきちんともらって体を休め、 場合によってはさらに勉強 …